更年期障害ガイド

更年期障害の診断と治療

更年期障害の診断基準は?どんな治療をするの?


この症状は更年期障害じゃないかもしれないし…いざ病院に行くとなると不安がいっぱいで気が引けてしまうことでしょう。ここでは、間違えやすい症状のほかに更年期の検査や治療のことをページ紹介とともに説明しています。
病院に行く際のヒントにしてください。

更年期障害と間違えやすい症状

このページでは、更年期障害と間違えやすい症状について紹介しています。更年期障害と似ている症状・病気はたくさんあります。


その中で高血圧、子宮筋腫などの婦人科系の症状、糖尿病、「メニエール病」、甲状腺機能障害、「うつ」などを取り上げています。

それぞれの病気の症状を説明し、治療方法、予防策にも触れています。


更年期障害と同じような症状でも別の病気が隠れている可能性もあるので、注意しなければなりません。何でも更年期障害だから…片付けてしまうのはダメですよ。


ときには、疑いの目をもつことも大事です。おかしいかなぁと思ったら、ここを参考にしてください。

更年期障害の検査

このページでは、更年期障害の検査内容について紹介しています。更年期障害って何科で診てもらうのかよく分からなくないですか?ここでは受診する科を説明し、それから具体的な検査内容を解説しています。更年期障害の検査ではだいたい、血液検査、内診、問診と心理テストなどを行います。

みなさん、どんな検査をするんだろう…と不安を抱いて病院を訪れることでしょう。


前もって少しでもその内容を知っていたら、不安も軽減されますよね。ここを読んで、心を落ち着かせてから病院へ行くようにしましょう。


検査だけでなく、病院でお医者さんにいろんな話を聞いてもらうだけで、症状が和らぐことだってあるんですよ。

更年期障害の治療

このページでは、更年期障害の治療方法について紹介しています。おもに薬を使った治療と心理療法を行うのが一般的です


更年期障害の治療に使う薬は「ホルモン薬」、漢方薬、自律神経調整薬と、いくつかの種類に分けられます。服用する人の体質などに合わせたものが処方されます。


薬のことも病院に任せっぱなしではなく、自分でもきちんと知っておくといいですよ。あとは心理療法ですが、これが意外に効果を発揮します!更年期は精神的に落ち込みやすい時期でもあるので人に話を聞いてもらうと、ずいぶん気が楽になるものです。

心理療法を受けるときのアドバイスも載せてあるので、ぜひご覧ください。


また表面にあらわれた症状をおさえる対症療法と根本的な原因をなくす原因療法についても説明しています。


ページの上部に戻る