更年期障害ガイド

更年期障害と間違えやすい症状

自分では更年期障害と思っていても、実はほかの病気だったということもあります。更年期障害と間違えやすい症状というのは多いといわれています。


婦人科などで診てもらい、更年期障害でないということなら、専門の科を受診したほうがいいでしょう。

高血圧

ほてり、のぼせ、肩こり、頭痛、めまい、耳鳴りといったものは更年期障害の典型的な症状ともいえるでしょう。


ですが、これらの症状があまりにもひどかったり、長引くような場合は高血圧なのかもしれませんよ。高血圧でも同じような症状が見られます。

更年期はホルモンバランスの関係で高血圧になりやすい時期なのです。さらに、更年期には血中コレステロール値も上昇します。

コレステロールが増えると血液の粘度も増えるので、血がドロドロになって流れにくくなります。


そうすると、それを押し出すために心臓のはたらきが活発になって、その結果高血圧になるのです。病院での治療のほか、塩分の多いものや油っぽい食事をひかえるなど普段の食生活に気を配ることも大切ですよ。

婦人科系の症状

ここ数年、更年期障害にかかる男性も増えています。けれど、やっぱり比較的かかりやすいのは女性…。


ということで、婦人科系の症状に悩んでいる人も多いと思います。月経過多、重い生理痛、不正出血などが頻繁に起こる場合は子宮筋腫や子宮がんのうたがいもあるでしょう。更年期障害の診察で婦人科に行ったら、あわせて子宮筋腫や子宮がんの検査もしてもらうことをおすすめします。

子宮筋腫

子宮の筋層よばれる中にできる、筋腫の芽のようなもので、がんではありません。筋腫ができる部位によって、漿膜(しょうまく)下筋腫、筋層内筋腫、粘膜下筋腫の3つに分けられます。


子宮筋腫になったら手術…という話も聞きますが、実際手術が本当に必要なケースは少なく、たいていは薬を使った治療をします。また、一度できてしまった筋腫も閉経後には小さくなって、治療する必要がなくなります。

子宮がん

子宮がんも腫瘍ができる場所によって子宮頸がん、子宮体がん、子宮肉腫と呼び名が異なります。


早期の治療方法としては手術が挙げられます。ごく初期の子宮頸がんなら、子宮を残す手術もできます。さらに初期の子宮体がんで将来妊娠・出産を希望している場合はホルモン治療を行います。

糖尿病

更年期障害の症状には、のどの渇きや疲労感、尿の量が多いなどというものもありますよね。


同じような症状が実は糖尿病にもあるんですよ。この糖尿病は更年期にかかりやすい病気ともされています。


糖尿病は、膵臓でつくられるインスリンの働きが弱くなったり、不足したりすると、血液中のブドウ糖をエネルギーとして使えなくなって、血糖値が高い状態が続く病気です。


原因はストレスや肥満、運動不足、遺伝など色んなことが考えられます。とくに更年期はこれまで何度も述べているように、体内で様々な変化が起こるため、糖尿病の原因が生まれやすいといえます。


糖尿病はインスリン注射や薬を使った治療をします。そのほか、生活改善も大切な治療の一つなんですよ。野菜や海藻をたくさん食べ、ウォーキングなど無理のない運動をするようにしましょう。

メニエール病

「高血圧」の項目でも触れた耳鳴りやめまい…こんな病気の可能性もあります。それはメニエール病。このメニエール病も更年期障害の症状と似ている病気の一つです。耳鳴りやめまいに加えて、吐き気がある人は一度メニエール病の検査もしてみるといいかもしれません。30〜50代の人によく見られるのがメニエール病の特徴で、これは若年性のものも含めて更年期障害が出てくる年齢とちょうど重なります。

「内耳性めまい」の一種といわれていますが、その原因は残念ながらハッキリわかっていません…。治療は薬の服用が中心になりますね。原因不明のぶんだけ不安なことも多いと思うので、もしかして…?と思ったら早めに受診してください。

甲状腺機能障害

ほてり、のぼせ、生理周期の乱れ、手足の冷えといった症状を更年期障害と勘違いすることもあるでしょう。


これらの症状は甲状腺機能障害を持つ人にもよく見られるんですよ。 甲状腺機能障害には2つのタイプがあって、たとえば「ほてり」や「のぼせ」の場合は甲状腺機能亢進症、手足の冷えの場合は甲状腺機能低下症という感じに分けられます。

甲状腺機能亢進症は「甲状腺ホルモン」が過剰に分泌されます。「ほてり」や「のぼせ」以外にも動悸、息切れ、神経過敏などの症状が出て、すごく体力を消耗します。反対に甲状腺機能低下症はホルモンの分泌が足りず、むくみ、食欲低下、気力の低下などの症状も出ます。

どちらも薬の服用が治療方法となります。基本的にはお医者さんからの指示があるまではのみつづけなければいけません。


比較的長い付き合いになるのが、甲状腺機能障害の特徴といえます。

鬱病(うつびょう)

なかなか疲れが取れなかったり、やる気がない、憂鬱な気分…更年期にはよくあることです。


更年期障害の症状としてのうつからうつ病へと移行する人もなかにはいます。更年期障害からくるものなのか、そうでないのか、それは見分けがつきにくいですよね。精神的な症状が多く見られる場合は「うつ」のサインかもしれません。

症状が悪くならないうちに病院へ行きましょう。治療薬として精神安定剤などが処方されます。


気の持ちようだ、なんて我慢していると、体調のほうにまで影響しますよ。うつは様々な精神的ストレスが積み重なって発症するといわれています。自宅でも、できるだけリラックスできる時間を多めに取ってくださいね。


ページの上部に戻る