更年期障害ガイド

更年期障害って?

更年期は、女性ならさけては通れない人生の大切な転換期です。この時期にあらわれるさまざまな体調の変化を私たちは更年期障害とよんでいます。


ここでは、なぜ更年期障害が起こるのかを紹介しましょう。また最近増えている若年性更年期障害についても見ていきたいと思います。

更年期障害は病気なの?

このサイトを読んでくれている人の中には、今まさに更年期障害に悩んでいる人もいるでしょう。


更年期障害とは気づかずに何か大変な病気と思っている人だっているかもしれません。女性の生涯は大きく5つのステージに分けられます。そのなかに更年期というものがあります。

この更年期は女性ホルモンの分泌が減少しはじめる45〜55歳くらいまでの時期をいいます。生理が止まるのは平均で50歳前後とされています。


それによりあらわれる体調の変化が更年期障害といわれるものです。なので、更年期障害を一口に病気とは言い難いのではないでしょうか。

すべての女性に更年期はやってきます。ということは軽い・重いなどの差はあっても更年期障害と付き合わなければなりません。更年期障害は命にかかわるような病気ではなく、女性なら誰もが経験することなので、そんなに深刻になる必要はありません。


ただ日常生活に支障をきたすくらいつらければ、病院で診てもらうといいでしょう。それから、あまり無理をしない程度に、外とのかかわりを保ちながら楽しく過ごすように心がけることが大事ですよ♪

更年期症状と更年期障害

みなさんは、更年期症状という言葉を聞いたことがありますか?この更年期症状は、女性ホルモンが足りないことが原因で起こる一種の自律神経失調症とも考えられています。


また、不定愁訴(ふていしゅうそ)とよばれることもありますね。女性が40歳くらいから感じ始める体の不調は更年期症状です。けれど、少しぐらい体調がわるくても何とか自分なりに対処しながら日々過ごしているのではないでしょうか。

個人差はありますが、顔がほてったり、汗をかくようになるなどの症状が一番多いようです。症状に関しては、【更年期障害のおもな症状】のページでくわしく紹介します。


症状が重い人やいくつもの症状がいっぺんに見られて、普通に生活できなくなってしまっている場合は専門的な治療をしなければなりません。そういった状態が更年期障害となるわけです。要するに症状の重さによって、その呼び方も変わってくるんですね。症状がひどくなる前に一度受診しておくと安心です。

若年性更年期障害とは?

最近は20〜30代の若い女性にも生理不順になったり、生理が止まってしまったりと更年期障害と似たような症状を訴える人が増えています。


そんな症状に心当たりのある人は「もう更年期障害になっちゃったの?!」と不安に思っているかもしれませんね。このような症状は若年性更年期障害とよばれています。

1年以上生理のない状態が続くと、医学的には閉経と見なされます。さらに43歳以下の年齢で閉経することを「早発閉経」といい、半年以上ない場合の状態を「続発性無月経」といいます。


なかには本当に20〜30代の若い年齢で閉経してしまう人もいますが、その割合はごく小さなものです。いずれにせよ、生理不順や無月経の原因はストレス、食生活の乱れ、ダイエットのしすぎなどが考えられます。

無月経はあまり長いあいだほうっておくと、治らなくなる場合があります。そうならないためにも早めに受診してくださいね。血液検査をすると早発閉経なのか、それともホルモンバランスの乱れなどによるものなのかがわかります。


症状に見合った治療を受けましょう。もちろん病院での治療だけではなく、生活習慣も見直す必要があります。規則正しい健康的な生活は体調をもとに戻してくれますよ!


ページの上部に戻る