更年期障害ガイド

更年期障害と骨の関係は?

更年期というのは徐々に年齢を重ねて、老化が目立ってくる時期でもあります。顔にシワが増えたとか、老眼になったなどの目に見えた変化ではなく、私たちの体を形作っている骨にも影響が出てきます。


女性は骨粗鬆(しょう)症になりやすいとも言われているんですよ。

なぜ更年期になると骨がもろくなるの?

更年期に入った女性はとくに骨粗鬆症にかかりやすいとされています。


みなさんもご存じとは思いますが、骨粗鬆症は骨がもろくなって骨折しやすくなる病気で、更年期障害の症状の一つとしてよく見られます。では、どうして更年期の女性に多く発症するのでしょう?

これは「女性ホルモン」のエストロゲンが骨密度を保つために関係しているからです。これまで何度も説明してきたように、エストロゲンは更年期になると急激に減少していきます。この骨粗鬆症は一度骨折すると、骨が元通りになるまでとても時間がかかります。

さらに、そういった病気やけがなどの回復力そのものが加齢によって弱くなっていることも理由として挙げられるでしょう。


ちなみに日本国内全体で骨粗鬆症にかかっている人は女性が約800万人、男性が約200万人の合計1000万人と推定されているんですよ。高齢化社会が深刻化していくなかで、ますます増えていくと考えられています。

骨粗鬆症の症状

若いころから骨折ぐせがついていたわけでもないのに、40歳をすぎてからちょっとしたことで骨折するようになってしまった…そんな人もいるのではないでしょうか。骨粗鬆症の初期段階はこれといって自覚症状が何もありません。


なので、骨粗鬆症になっていることに気づかず、骨折して初めてそのことに気づく場合も多いようですね。けれど、もうそのときには症状がかなり進んでいることが考えられます。


骨折のほか、腰や背中の痛み、骨の変形による食欲低下や胸焼けの症状、長い時間歩けない、仰向けで寝ることができないなど、さまざまな症状があらわれ、日常生活にも支障が出ます。

骨粗鬆症の治療

骨粗鬆症の心配があるときは、整形外科で診てもらいましょう。骨粗鬆症の診断方法は大きく骨密度検査と胸・腰椎のレントゲン撮影の2つに分けられます。


まず骨密度の検査は、超音波を使って、かかとの骨の骨密度を調べていきます。あとは、レントゲンで腰や背中の骨の曲がり具合などを判断します。

骨粗鬆症の治療方法は、薬を使った治療方法、運動療法、食事療法などがあります。薬はビタミンやミネラル、「ホルモン薬」などが使われます。骨を丈夫にするために欠かせないカルシウムやカルシウムの吸収に必要なビタミンD、カルシトニンなどが、とくに重要な役割を果たします。

基本的な治療は食事療法と運動療法で行い、補助的に薬を服用するといいでしょう。これらの治療方法は骨粗鬆症の予防にも効果的です。食事療法と運動療法については、次の項目でもう少しくわしく説明することにしましょう。

骨粗鬆症の予防と対策

すでに述べたように骨密度の低下が骨粗鬆症を引き起こします。骨密度が低下しないように日常生活を改善していく必要があります。これは症状の出ていない人も日頃から心がけることで、骨粗鬆症の予防になりますよ。


ここで食事と運動、それぞれでできる骨粗鬆症の予防・対策を紹介していきます。

食事で

普段の食事もちょっとしたことに気をつければ、強い骨を作ることができます!骨粗鬆症の予防にとくに効果的な栄養素は、カルシウムとビタミンDです。


カルシウムは健康な骨や歯をつくり、ビタミンDはそのカルシウムの吸収を促進させます。

カルシウムはおなじみの牛乳や乳製品、イワシやシシャモなどの骨ごと食べられる魚、パセリ・小松菜などの葉物に多く含まれています。


一方、ビタミンDは魚類に多く含まれています。逆にコーヒーなどカフェインが含まれているものは、なるべく摂らないように注意してくださいね。

運動で

摂取したカルシウムを骨に定着させるために、適度な運動をすることも大切です。近所を散歩したり、買い物に行くなどして頻繁に体を動かすようにしましょう。気分転換にもなるので、いいですよ!

また、日光浴することでビタミンDが体内でつくられます。骨折するのでは…?と心配でぜんぜん体を動かさないのは、よくありません。


運動は更年期障害の別の症状も和らげてくれるので、天気のいい日や体調のいいときは、できるだけ外に出るようにしましょうね。


ページの上部に戻る