更年期障害ガイド

更年期障害とストレス

ストレス社会といわれる現代に生きる私たちは、ストレスを感じない日がないといっても過言ではないでしょう。


それなのに更年期ともなると、そのストレスは何倍にもふくれ上がります…。更年期障害の症状の一つとしてストレスを感じる場合もあります。

音楽・映画鑑賞

ストレス解消法の一つ目として紹介したいのは音楽や映画鑑賞です。お気に入りの音楽や映画にどっぷりとつかれる時間は何よりの癒しになります♪


とくに音楽は音楽療法というものもあるくらいで、音楽を聴くことで心身ともに健康になれるとされています。

みなさんも音楽鑑賞で楽しい気持ちになったり、イライラが解消されたりしたことってありますよね?音楽の揺らぎの波長が精神を安定させてくれるのです。


一方、映画鑑賞もストレス解消には効果的です。映画鑑賞といっても今は映画館に行かなくても、DVDで家にいながら楽しむこともできます。

更年期障害のせいで外出がしんどいなぁ〜というときには助かりますね。映画の内容によって泣いたり、笑ったり…。感情移入した時点で、それまでのストレスはきれいに解消されていることでしょう。


また、声を出して笑ったり、泣いたりして感情を表に出すことはとてもいいことなんですよ。すっきりした気持ちは、体にもいい影響を与えますからね。これは音楽鑑賞にも同じことがいえます。

アロマセラピー

今、ストレス解消法として男女問わず人気なのがアロマセラピーです。良い香りはゆっくりと心を癒してくれますよね♪


いろんなストレスを解消したい!その思いは更年期障害で困っている人も同じです。更年期障害によるストレスを解消するにもアロマセラピーは効果的なんですよ。アロマテラピーには本当にいろんな効果があるといわれています。なかでも、一番大きな作用が次の3点です。

自律神経調整・精神安定・体の不調を和らげる

これらがアロマテラピーは更年期障害に有効とされる理由なんですね。アロマテラピーに使われるエッセンシャルオイルの香りは、自律神経のバランスを整えて、そのうえ心も体もリラックスさせてくれます♪

一度に心身ともに効果があるというのは、更年期障害で悩んでいる人にとっても嬉しいことですよね!アロマセラピーって日本ではここ数年ではやり出したもののように思いますが、ヨーロッパでは古くから民間療法として人々に親しまれてきました。

いくつもの症状が出ている更年期障害にはクラリセージというエッセンシャルオイルを試してみてください。このクラリセージは複合的で甘いハーブの香りがします。


更年期障害の身体的な痛み、精神的なつらさ…どちらにも効果を発揮します。

半身浴

お風呂に入ることがストレス解消法!という人も多いのではないでしょうか。


髪や体をきれいにするためだけに入るもの…と思っている人がいたら、それは違いますよ。入浴には絶大なるリラックス効果があります♪そこで、おすすめの入浴方法を紹介することにしましょう。それは…ずばり半身浴!


下半身だけ、お風呂につかるという方法です。日本人には肩までつかる全身浴のほうが馴染み深いですが、それだとかなりぬるめのお湯でなければ、ゆっくり入っていられませんよね。その点、半身浴なら心臓にかかる負担も少なく、長く入ることができます。

ストレスを解消するには、ぬるめのお風呂ゆっくり半身浴しましょう。リラックス効果が高まり、寝つきもよくなりますよ。また、半身浴は更年期障害による冷えも和らぎます。反対に熱いお風呂にさっと入る方法もあります。こちらは腰痛や生理痛などに効果的です。

ボランティア

更年期には、できるだけ周囲の人たちとのかかわりを持つことも重要です。更年期障害の人の中には他人とのかかわりを拒む人もいます。


調子のよくないときは誰とも会いたくないという気持ちは分かりますが、家に閉じこもってばかりいるのは、かえって症状が悪化させることになるかもしれませんよ。ストレス解消にもなって、周囲とも触れ合える…そんな一石二鳥のことがボランティアです。


文房具や本、衣類などの収集活動、公園などの緑の世話をするボランティア、老人ホームなどへの施設訪問、子供たちに昔の遊びを教えるボランティアなど…様々な種類のボランティア活動があります。


いろんな人との交流は、精神的に新たなパワーをもらうキッカケにもなります。自分がやりたいと思うボランティアを見つけてみませんか?


ページの上部に戻る